一貫して、質感の彼女へ。
[PR]
# by aoikyouhansha | 2012-03-08 17:21
解体用テキスト(共犯幻想)
残念ながらわたしは何も持っていないので
美しい旋律を借りてみたり
美しい風景を借りてみたり
そうして何度も記号になる

だって夜をこえる手だてが無い


肺一杯吸い込む冬/つめたいゆめをみる/チアノーゼのこころ


繰り返す「好きだ」「嗚呼」「嗚呼」「嗚呼」
ありふれた憂鬱、なにもかも捨てて 
本を燃やしてもまるで意味の無いこと
やさしいあなたがうらやましい


「死海で浮いて溶けてみたい」

明日も明後日も現実です


(それでも それでも それでも。)


撃ち落とせ、夜に甘えるな、花を買え




傲慢なことを言えば
何度も君に再生ボタンを押してもらいたいだけの幻想


「ドン」
[PR]
# by aoikyouhansha | 2011-09-29 01:10
「電子の中だけで軽やかに踊れます」
たまったかなしみの色を抽出して
小さなステージにあげてみたら
それはそれはなめらかに踊るので
自分のことなのに、そいつの踊りが気にいった

ダンス、ダンス、ダンス、ダンス、

誰かが手を叩く
誰かが罵倒する
誰かが消費する
誰かが期待する

わたしのもの
わたしのものじゃない

ダンス、ダンス、ダンス、ダンス、

わたしの手から離れたかなしみ
血が出るまで踊れ
わたしの手から離れたかなしみ
色あせるまで踊れ

変わっていく それまでありがとう

「電子の中だけで軽やかに踊れます」

さよならハロー。

: re
[PR]
# by aoikyouhansha | 2011-09-19 10:47
ロマンチックを夜の公園に埋めたあと
同じ月を見ているからなんだっていうのかね
あんなの口の中にいれて
舐めながら喋りましょう

意気地無しのふたり
わたしがアローって言うから あくびをして
愛してるって言うから 知ってるって言って


真夜中のあいさつを考えて
夜に呼びかけましょう
[アロー、]
ええ、君の階数すら知らなくて
それでも、って何度も思って
やり過ごす夜の形を集めて1000ピース
灼い、故よ、
夜明けまで。


みんな誰かに会いたくて忙しそうで
不思議。


いいからもう寝なさいね
[PR]
# by aoikyouhansha | 2011-09-15 00:55
真夜中が何か言ってる
残念ながらわたしは何も持っていないので
美しい旋律を借りてみたり
美しい言葉を借りてみたり
美しい風景を借りてみたり

そうして何度も記号になる


(例)「もしわたしが音楽だったら」
言葉なんかいらなくて
傲慢なことを言えば ほんとうは
何度も君に再生ボタンを押してもらいたいだけの幻想


なにか言えば
応えてくれる 
おかしいほどに
おどけてみせる
真夜中に隠す
知ってる他人の

「錯覚を、撃ち落とせ。」


(真夜中が何か言ってる 真夜中が 何か 何言ってるか聞こえない)
[PR]
# by aoikyouhansha | 2011-09-15 00:48
だれの声、
聴こえないこえ、
もういらないここでの声。
[PR]
# by aoikyouhansha | 2011-09-09 06:15
水中から花が降る

雨が吹いてる 花の降る季節
遠くで 遠くでやってくる
あなたの素顔に何も言わなくて
私の中身 「君の声で乾かして」

まさかね
「行こうよ」
まさかね

やってこないよ、いつまでも
やってこないよ、キミが求めてる

やってこないよ、後ろめたいな


星の降る夜 君はまだ
あの屋根裏 部屋に居て
折った足も伸ばせないまま


やってこないよ、いつまでも。

水中から沸き上がる
今日の朝の涙は今日の水に溶けるはず。


「まさかね。」
[PR]
# by aoikyouhansha | 2011-09-02 11:04
月曜の夜明け
私はモダニストじゃない!
[PR]
# by aoikyouhansha | 2011-08-29 05:15
レター・ミー
彼が言った、私に、追いつめるだけ追いつめさせてよ。
いいじゃないか、それで
才能が発揮できるなら。

彼が笑った。


私は意気地がない
[PR]
# by aoikyouhansha | 2011-08-24 22:24
シンクロナイズ・午後・シティルーム
今日もおなじ隙間から隙間風も入らないで
7月で止まったような部屋の真ん中
来る前からもう忘れかけた午後を迎えてる。

キミの名前も忘れかけて
ペットと呼ぶなんて ご自慢に浸ってるなあ。

里子・連れ子・養い子
キミを迎えに 私は今旅立つ途中。

シンクロナイズ、キミの言葉忘れないよ。

溶かしすぎた蜂蜜が、太ももを沿ってゆく
舐め干すには午後がもう去ろうとしてる。

開ける、開ける、開ける
たった一言で眠れない日が訪れる。

そんな時を夢見て


旅立つ前に、
キミの名前を一言で。

暮れる。
[PR]
# by aoikyouhansha | 2011-08-24 15:18
「3年がかりのアルカイック・スマイル」
いつも開け放し、語呂はなし
半紙 放し飼い みたいに

気付いて 水浸し

私、食べた
、あなたのことを思って。
1年2年 無駄にした

生きるわ 言い(気)がかわり
いい心地!夢鳴らし!

当ったり前!

青い、青い、青い、蒼い、赤
空気のようで


リハビリと思って、畳 包帯代わりに
そこに 正座 致しなさい!

いつも筋肉を鳴らし、文字を出す。
すべてを使った
暗黒舞踏のように
頭殴らず
ゆるり なめらかに

今日までの日を数えて生きて



会いたかった 待ってた この日、
待ってたよ
雪の味はなんてーの?

あの数字はどんな色に見えるの?
あの標識はどんな性別なの?

あの赤はやっぱりそうだよね、

いっぱい話そう 飽きるほどやろう

また待ちこがれて
ここに
手紙を書く。


ペンはもう 置かない。

私はいつも笑うよ

Re:
[PR]
# by aoikyouhansha | 2011-02-18 03:10
▲座の▽型は雨
:詩人へ


あのひとは占いを見たりしないんだろうなとぼんやり思った、というか想像した。
他人の「知覚の仕方」や「色や物の見え方」が知りたいと強く思うことについて、
結果的には自分のことが知りたいんだろうということに気づく、夕暮れ。
ココロがよわると血液型星座占いを1.2クリック、、
☆診断結果☆に 当たってる当たってるuffと思いたくなる事だって
薄っぺらな自意識が安心したがっているって。


(きっと自分のことが信用ならないし嫌いだし、
信じているしすごく好きなんだと思う。)


でもね、やっぱり、やっぱりよ
あの子にこの夕暮れがどんな色に見えているのかとか、
あのテクノミュージックは君にどんな風に聞こえていたんだろうとか、
青や黄色を見て何を思うとかそういうこと、聞いていたい。
確かめようがなくっても。揺らいでいたい。君の緑や赤やアイに。
8割方「どうでもいい」ことばかりを拾っては確かめ、いとおしんでいる。どうかしている。どうかしている。どうかしている。


生活、錯覚、生活。



ハッピーサッドと笑う詩人の文体を思い出して赤色。
君の言葉を聴きながら静かに眠りたい。


アイアムユアミュージック って言って。
[PR]
# by aoikyouhansha | 2011-02-18 01:51
指だけ
はかられたり、くらべられたりに、
できるだけもう
遭遇しませんように
切実に。

(たぶん無理だとはわかって)

バイトから帰ってそう思った

願いと呪いの紙一重の考えをおもい、考えおちたあと、

あなたの顔を思い出した。

他人と関わる時の・縁・タイミング・距離は
細い糸よりもか細いのに。
大丈夫かな

名、付かないことへの不安。ちょっとだけ

過去とまた同じ事をしているようで。
埋まらなければ
変わらない。もし

もしもまた、もし
今度も、また。

選ぶ 選択

だったら嫌だな。


気持ち何も変わらず願うように生活をして
ごはんをかむ

タイミングはその時のものでしかないから、、
って思い。

私の今の状況は。
 の今の環境は。
 の今の心境は。

モーショングラフィック


何事もないと思う。大丈夫。

例えば
身体の中のどこで私は落ちこんでいるのか、
私なのに判らない。
すぐに取りたい。取ってほしい

カウンセラーになりたかった。

身体の中の部分は歳を重ねることに深く
それを探し選びあてること、知ることでさえ
子供心を離れ考えることはひとつじゃない今、
簡単にするのは難しく。

関わりたい人の話は出来るだけ溶かして聞いてあげたい。
一人でいると、混ぜる時間がどうしても長くなると。
例えば
どうか皆、できるだけ
しあわせで。

傷つかない方法を21の私が選ぶ価値はないから
たぶん
と思って

生活、暮らし、丁寧に生きて
指折り数える。
指なくなるまでに世界が平和になれば
数えること事態に意味は
なくなってしまうのに。

Re:
[PR]
# by aoikyouhansha | 2009-07-25 08:51
緑のキリン
はき違えた嘘
盗み読みし合ってる彼と彼女の日常を盗み読み
するわたしの日常を盗み読みしている誰か

ねえ どうか名前を訊かせて下さい



悲観でいっぱいに装飾された言葉 が
楽しいだけ で
実はタフガイです
腕を裂く勇気を他に回してるだけ


隣の隣で溜め息をつくあなた
そういえばもう何日も目を見て話をしていない
あなたを見ているとわたしを見ているようでとても口惜しい
いっそ殴ってくれていいよ 泣いたりしないから
そんな顔をしたままのあなたと 同じ水槽にいたくない

そんな事言ったら泣くかな あの男
とてもたのしい





誰かに会いたいけど誰にも会いたくないけど会いたい青い赤い青
さらわれたいけど さらってほしい人はたいていいつも決めてしまっている


悪い癖ばかりが増えて





やわらかな輪郭のアイロニー
顔のない男に言葉を選ぶ夜
不幸自慢への返答はいつも同じ
病んだシャッター音ばかり聞こえてくる
パンチのないジャポン




こんなままじゃ
もうそろそろあきられてしまうころ こと


とても幸福なのだと思う という 嘘

: re
[PR]
# by aoikyouhansha | 2008-12-18 02:22
「サン・トワ・マミー」
してあげられないことは、なにも なにもないこと 今日の命。

私には できないことが、昨日まで
枯れていく、を推奨する世の中 昨日の中
たくさんの昨日 いっぱいの昨日 ふえつづける昨日
たくさんのたくさんのたくさんの
鳴き声、端っこなんて 
ないことを知る

ふえつづけてなくのは私だけじゃないこと

だれのこえ

昨日まで。


指折り数えた 昨日
夢をつなぐために 夜を好む おととい
だれの背中

なにになる の選択肢 ゆびたくさん。
あっという間に触りたい。
たとえば さわってみたい
さわってみたいな あなたに

きみの接し方 想像のためらい それと自由 と、 ゆびたくさん。
私の想像の範囲を越えないみたいに
まるでただのおんなのこみたいに

読み方まちがえなければ、いいってもんじゃない。

昨日が昨日を終える音がする。
わからない人にいう それって そう
たとえば朝がくるってことよ
規則正しい生活をするってことよ

彼のことば ゆびたくさん
たった一言であっても 私に反射されるもの ゆびたくさん

たったひとつ。
ねえ、たとえば

あしたね。
[PR]
# by aoikyouhansha | 2008-12-17 07:41
イエス
改造された友達をみながら
名前を訊かない男の事を思う

そして
混迷、あるいは 月とオートメーションについて
天才の見る夢と、シロナガスクジラの死について



軽々しく希望を口にする 君の上顎と
なんの希望もない    僕の左腕


飽きるまで話そう

「嫌いになる ならない なる ならない 
なる ならない なる ならない な 」


どこまでも動きつづける君の鋭角を見送る
「最低な僕」という偽証罪
ここで卑屈になるのはやめておこうと思う

: re
[PR]
# by aoikyouhansha | 2008-12-13 00:28
「誰かがいたせい」
f0161867_4125085.jpg

片方が好きじゃないなら喧嘩にもなれない
「訳ありな二人」
とかいうのになりたくて、
がんばってみたけど。

今日で最後ね

つねってみたけど、
今日もなし つづきはなし

夜が朝にかわるように
光が指したらひとり

これからの人生を
大変に大切に
どこまでへ
何人までで

あいうえお

今日までを。
[PR]
# by aoikyouhansha | 2008-12-11 04:12
「ブルーの名前、教えて。」
四角い箱の中で鳴り響く音
が、あの時の彼をとどめられなかったように

誰かの背中を見て
今度もおなじ そんな気がしていた

誰かの背中が遠退いて
青い磨り硝子。
青いなみだ。

幼少の私だけが
黒い魚だけのシルエットで
固まる人の群れは
真ん中で愛されて、離れて、消えていくのかな
かなしみだけが瞬き分だけあてはまるのかな
ゆらゆら
くらくら
あのとき かなしみが ぜんぶ


名前をつけてあげなくちゃ。

「お名前を」

忘れたひとりぼっちのきみに

かなしみだけを両手で花束みたいにかかえる
きみへ

デイリー


名前、

名前、

つけてあげない。


―揺らめく燈籠の記憶
12歳

25歳。


飛び込んだ水の先で
私(誰)に会ったかは言わないでください。
[PR]
# by aoikyouhansha | 2008-12-09 03:44
未来予想図をみないまま
誰かの日常を盗み読み
宇宙より遠い気がしてるなんて
嘘 想像の やさしい手


近年まれに見る自己中心的な思いを
どう具現化するかという事にばかり
神経をすり減らしている フユ

「こんなことばかり言ってるから可愛いおばあちゃんにはなれないのよ!」


将来の夢は年齢不詳です というと笑われる
名前を訊かれれば 偽名疑惑
わたしはかなり自然な状態で
着実にことを進めているのかもしれない等と


「真夜中 宇宙の原理を丹念に模写する 僕 25時」

: re
[PR]
# by aoikyouhansha | 2008-12-05 00:08
砂糖を溶かした水溶液
久しぶりに目を開けると夕方で
オカピの足跡をしらないわたしは
ヤンバルクイナをカンガルーみたいなシカだと思い込んでいた


昼間を見ない日常

みんな誰かの言葉を借りて暮らしている
複製ばかりが羅列されてゆく時間軸

オリジナルの幻想 戦わずして降伏
一生ないかもしれないなどという甘い疑惑

一日の半分妄想しています。ラテ。



件名因子 自称癖 離陸中毒


ただいま に甘え またね に甘える
そんな日常のなか
赤いケトルから吹き出た言葉


わたしはやっぱりあなたの赤くて青い言葉がとてもすき。

余分なものが微塵もついてない
ただいまが言えない

改造 されたい 

: re
[PR]
# by aoikyouhansha | 2008-12-04 23:59
「5月の涙in the air」
たとえば、mixiからは読んでいなくても、
たとえば、いつでも、あなたのことを呼んで、読んでいたりする。


「居たたまれないきもち」
なにが好きなの、と聴かれて、なにも応えられなかった。この世は
けして消去法ではけしてないのに。
嫌いなことは山ほど手で払いのけられる。
先端恐怖症をからかうあなたの人差し指のときみたいに。
サッと、すばやく。ぱちん。

おもえば、すきなもの、 が言えない
その為に「嫌いなこと」を
ひけらかして見せる わたしの芸風は
デレでカバーできるほど
デリケートさは もうすでに残ってなくて。
それが思いを長引かせる
になる。


ほんとうのことなんて、なにもひとつも言えず。
なんて。大人2年目で言ったとしても
そこに5月の涙みたいな、あの”うつくしさ”
なんて、
ひとつも残ってない。

私は知ってる、
ちゃんと知ってる。
箱もとじた

とじても
でも、まだ去らない。
去るもんか

ーテイスティング プリーズ


彼のことだけをまるで知らないみたい

Re:
[PR]
# by aoikyouhansha | 2008-12-03 18:58
「イタチ恋人ゴッコ」
「悲しい歌は聴かない。」
お約束。ひとりきりの

たとえばパーティーの夜は
あんなに夜中が長くて、永くて
ときどきあたまがひどくあたまが痛くなる
のに。

ただひとりのひとと話す為だけの夜は
ただ何か、作ってみたいだけ
ただ、それだけの夜は
食後をおちていく食道より早く。

速く、
すぐ過ぎゆく

すぐ過ぎる

すぐ過ぎる

それぐらい私だって、知っている!


帰りたがる人を尻目に
すぐ過ぎていくのを待っている、ようなもの。
帰りたい。
毎晩とは言わずに
朝までとは言わずに


明け方と朝方に
帰す 帰さなきゃ

「わりとさみしい」
って、こういう感情を言う。

特にはさみしくない時みたいね。
小学生が通学路をゆく
昨日は中学生が通学路をゆく。

帰らなきゃ。

まだまだ遊ぼう
また遊ぼう

もう帰ろう、
まだしよう

もう帰ろう

もう帰ろう。

Re:
[PR]
# by aoikyouhansha | 2008-11-27 07:12
「昼間夜」
夜の中、黒い影がなにか動いた、
昼間の明るい喫茶店の中
つまらない話。

斬新な欠伸で切り返す

お金を出してくれない男の人は嫌い

そう思うとやっぱり
あの人が好き
と思って、家を出た。

顔を合わせる、

一言も何も言えずに帰ってきた。

しいて言うなら、
鼻で愛を笑う。


どこか遠くに行ったとしても、
近況を報告するだけ
するだけ。


しいて言うなら、
閉じかけの愛を
鼻で笑う。
[PR]
# by aoikyouhansha | 2008-11-20 02:30
「(猫が)帰ってこない」
高音のでなくなった 愛する
人を あたらしい、ひとを
おわらなくなった「毎日」
ならば、たべたい

おわらないなら。
会いたい
会いに行く

行きのタクシーでみた
「わたしはずっと 今も誰かになりたい」
広告の隠し文句。私の中のことば。
文字起こし。
「きみになりたい」レコード



知らない人のことを知りたい
なら黙って。
(因数分解をしてみる。)

私のことが知りたい、
なら、黙って。

因数分解をしてあげたい。

私に

曖昧とあまいの区別もつかない、ことばひとつ さらりとは発せない


畑ちがいの波でもいい この際いい
ピンポイントの波でー。


わたしのなかで なにが 新しい音なのか
目覚めたときと同じきもち。明日になったのに、昨日が
いまもつづいてるような、朝のきもち。
わからない
みんな口をそろえて

みんな口をそろえて

「わたしはまだ見たことがないけれど。」

Re:
[PR]
# by aoikyouhansha | 2008-11-12 08:29
エメラルド


目の裏のエメラルド
どこまでも続く高速道路


理念と回想と彼の雑念
腹が立つのは何故?



「むずかしいことば」よりもつたわる
カラフルで切れ味鋭い幻想


わたしはお皿をみがくから
そこにことばを並べてください


わたしはバスタブにお湯をはるから
そこにことばをうかべてください



チューリップの中に見た
内膜 幻聴 シンク ロ


そういえば

さっき耳をうしなった な
[PR]
# by aoikyouhansha | 2008-09-06 23:20
「まだやさしくはならない」
朝がしわしわちかづいてくるのも感じながら
しわしわだ
それでだって、取ることはしない

いわせたい  言葉は /今はない。
いわせなきゃ 言わされるようなことばも今はない。

あなたと居るとき いつも
きょうは昨日のつづき


ちがうのになあ
を「違うのになあ」でつたえたって意味にはならないって
もうすぐ話題がとぎれて しまう
朝がくる

八方にふさがるより美人である方が
今日もあしたもかろやかでいられる
なら
きみはあの今までを気に病まなくてもいいよ


おやすみよ。
[PR]
# by aoikyouhansha | 2008-09-05 10:36
「ある朝のミラー・ボール」
「あなた」
という言葉づかいで、美化されることが世の中には
たくさんあるけれど
「おまえ」
で育つ愛のほうが いまの私にはたくましく


8/×
逃げるとみんながあつまったり、
先に帰ると、文(ふみ)が届いたりする。


----------------------------------------------
「発行体」

螺旋階段みたいなエスカレーション
青とミドリのグラデーション

つけづめが元の形そっくりに、
そっくりな本人を後に離れ、
そのまま跡を残したまま

去ってゆく

購入した青いペン
白い袋に入れたまま
どこかに置き忘れて

もうもどれない
もうもどれないのに

だれかに欠番あつかい
たのんだ
後はたのんだ

もう一度、階段をおりては
もうもどれない
もどれない最後の場所
いやなひと
いやな背中
いやな場所

そういえば、
あの夜のフクロウ。

光ってた。

Re:
[PR]
# by aoikyouhansha | 2008-09-03 04:09
誘拐温度
口の中でとろける
彼のことば
脳髄 誘拐温度


さらって さらって さらって
三回言って 

わたし マフラーのことばかり考えている


要らないところが冷えないよう
必死に首を暖める おんなのこを眺めて



大丈夫 大丈夫 大丈夫
三回言って


青い 動物園にいこうではないか 

: re
[PR]
# by aoikyouhansha | 2008-08-27 23:14
「秋にはじめまして/つづかない夢のつづき」
弟9感があったらいいのになあ。きみがためらうような第9感が。
日常の裏返し。
心底だめなワーカーホリック。でささえる日常はやさしい。
18日遅れてやってきた、
無くす。

ライフ・イズ・カメラ・アクション、人生のくぎりはいつもなんて速い。


だいすきなレコードはやっぱりいつもすぐにおわる。
もうしばらく聴かない。

Re:
[PR]
# by aoikyouhansha | 2008-08-18 10:06
天才と呼ばれた彼女の商業音楽に

f0161867_0472113.jpg




甘えて失敗した。
可愛い女の嘘は可愛いのだ所詮




保証のない希望をこわがる純粋なおとこのひとのまえで
保証された絶望を確信している嘘まみれのわたしは
ただおわっていくすべて傍観していた




「皮膚剥いて 中身の色をみせたら 逃げ出す人を ずっとみている気がする」


そう口走った罰か



「わたしはあなたの冒涜や希望が理解できかねます」
[PR]
# by aoikyouhansha | 2008-07-16 00:54



青い赤、声のきろく、  水滴の中の毎日 二人の
by aoikyouhansha
anaglyph
こたにな々
〈詩人/天秤座〉

ハッピーサッド
泣きながら踊ろうね

悲しい歌はよそでやって


アオシマキノウ
〈真夜中/視覚い〉

あることないことの
さかいめあたりで

生活、錯覚、生活。


神様おぼえててよ。




以前の記事
2012年 03月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 02月
2009年 07月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧